メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

独宮廷歌手らと「魔弾の射手」 兵庫・芸文センター

記者会見に出席した(右から)佐渡裕、小林沙羅、装置・衣装担当のフリードリヒ・デパルム=田中博子撮影

 ハイレベルな歌手陣と豪華な舞台装置で毎年人気の高い兵庫県立芸術文化センター(同県西宮市)の佐渡裕芸術監督プロデュースオペラで、今夏はドイツオペラ「魔弾の射手」(ウェーバー作曲)を上演する。

 17世紀のボヘミアで、恋人と結婚するために射撃大会で優勝しなければならなくなった狩人のマックスが悪魔に魂を売り、「魔弾」に手を染める話。歌だけでなくセリフもあってドイツ語に堪能な歌手をそろえる必要があり、国内の上演回数は少ない。今回はともにドイツ宮廷歌手の称号を受けたバリトンの小森輝彦と高田智宏(いずれもダ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです