メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

“地元民”として応援=井口彩 /新潟

 村上市出身の平野歩夢選手が平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプで2大会連続の銀メダルを獲得した。私は同市であったパブリックビューイングを取材。地元市民と共に、テレビ映像をじっと見つめた。銀メダルに泣いて喜ぶ市民たち。その様子を書き留める立場にもかかわらず、私も思わず「やった」と拳を握った。少し目も潤んだ。

 ふと、「なぜこんなに自分は喜んでいるのだろう」と考えた。五輪以外でスノーボード競技を見たことはない…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文459文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです