メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀市

18年度予算案 一般会計453億4690万円 合併後2番目の規模 /三重

三重県伊賀市の2018年度一般会計当初予算案

 伊賀市は20日、一般会計453億4690万円(前年度比6%増)の2018年度当初予算案を発表した。大型の建設・整備事業が目白押しになり、合併後2番目の規模。議会と対立してきた市役所移転後の現庁舎(南庁舎)保存関係費用や、市議会が契約の経緯が不透明として百条委を設置して調べている民有地の年間賃料も計上。予算案審議で議会の対応が注目される。また、対立により、今年度未実施の南庁舎関係費用を減額するなどした一般会計補正予算案も発表した。【大西康裕】

この記事は有料記事です。

残り2135文字(全文2358文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです