メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

共生タウン、明石市の取り組み 障害者の“本音”を形に /兵庫

市役所の総合案内では障害者からの提案を生かし、筆談や同行などを求める利用者に「お気軽にお声かけください」と掲示し、呼び掛けている=兵庫県明石市役所で、浜本年弘撮影

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックに続く、2年後の東京夏季大会へ向け、国は昨年12月、障害者を含めて誰もが暮らしやすいまちづくりを進める「共生社会ホストタウン」として関西で唯一、明石市を登録した。市は課題を広く把握するため、障害のある市民25人にまちのモニターを委嘱するなどさっそく動き始めた。「やさしいまち」を目指す取り組みを追った。【浜本年弘】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. 年賀はがき 当選番号決定
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです