メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
現場から・ひょうご

共生タウン、明石市の取り組み 障害者の“本音”を形に /兵庫

市役所の総合案内では障害者からの提案を生かし、筆談や同行などを求める利用者に「お気軽にお声かけください」と掲示し、呼び掛けている=兵庫県明石市役所で、浜本年弘撮影

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックに続く、2年後の東京夏季大会へ向け、国は昨年12月、障害者を含めて誰もが暮らしやすいまちづくりを進める「共生社会ホストタウン」として関西で唯一、明石市を登録した。市は課題を広く把握するため、障害のある市民25人にまちのモニターを委嘱するなどさっそく動き始めた。「やさしいまち」を目指す取り組みを追った。【浜本年弘】

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1411文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. セクハラ疑惑 財務次官の辞任承認 退職金の支払いは保留
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ/空き家1000軒/果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]