メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斑鳩町

可燃ごみ処理、事前協議書と食い違い 広域枠組み参加 町、検討すらせず /奈良

 民間による可燃ごみ処理を2012年4月から三重県伊賀市内で行っている斑鳩町が、同市にごみ搬入を認めてもらう事前協議書で「(奈良県内での)広域化施設整備までの一時的な措置」と明記しながら、15年4月に天理市を中心とした広域処理の枠組みに参加を打診された際、協議への参加の十分な検討もないまま断っていたことが、町への取材で分かった。記述との間に食い違いが浮き彫りになった形だ。その後、町は16年度分の事前協議から記述を削除したが、伊賀市側から17年2月、地元での処理計画の提出を促された。【熊谷仁志】

 町は12年3月末、老朽化に伴い自前のごみ焼却施設を廃止した。一般廃棄物の処理は市町村に責任があり、…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです