いじめ

広島市、2倍に 昨年4~12月 中3女子転落死で報告急増 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島市教委は20日、昨年4~12月のいじめの認知件数が前年同期の約2倍に上っていると明らかにした。糸山隆教育長はこの日の市議会で、昨年7月にいじめを受けていた市立中学3年の女子生徒が亡くなったのを機に各学校からの報告が大幅に増えているとし、これまでいじめを正確に把握できていなかった可能性を認めた。

 市教委によると、2016年度の認知件数は1029件。17年度の途中集計数は明らかにしていないが、12月までで16年度の約2倍…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

あわせて読みたい

注目の特集