メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

施行延期検討 厚労省、現行予定から1年

 厚生労働省は、働き方改革関連法案に盛り込む裁量労働制の対象拡大について、施行時期を現行の予定から1年遅らせて2020年4月とする修正案の検討に入った。高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の創設も、1年遅らせることを想定している。

 裁量労働制を巡るデータ問題が影響したとみられるが、与党内には慎重論もあることから、情勢はなお流動的だ。

 法案は残業時間の上限規制や高プロの創設などが柱で、厚労省は8種類の労働法規を一本化して提出する方針…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  5. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです