メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外イチロー、第一線退く意向 球団に伝える
クローズアップ2018

中国人訪日客 春節、体験型・地方へ ガイド不足、受け入れ態勢カギ

3大都市圏と地方における外国人宿泊者数の推移

 中国の旧正月に当たる春節(今年は2月16日)の大型連休を利用し、多くの中国人観光客が日本を訪れている。3年ほど前までは「大都市」での「爆買い」が定番だったが、行き先は地方へ、目的は「体験」へとシフト。受け入れる側も観光戦略の転換が迫られている。【一宮俊介、竹地広憲、大久保渉】

 「青森ねぶた祭」の大型ねぶたなどを展示するJR青森駅前の観光施設「ねぶたの家ワ・ラッセ」(青森市)が、中国人観光客でわいている。19日には午前中から数十人の団体客がバスで訪れ、ねぶたばやしを体験。見よう見まねで太鼓や手振りがねを鳴らし、楽しそうにスマートフォンで記念撮影していた。

 「東京や大阪は中国の沿岸部の都市に似ている。違う環境を求めて地方に行くんです」。9歳の息子と訪れた…

この記事は有料記事です。

残り1835文字(全文2165文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです