メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

中国人訪日客 春節、体験型・地方へ ガイド不足、受け入れ態勢カギ

3大都市圏と地方における外国人宿泊者数の推移

 中国の旧正月に当たる春節(今年は2月16日)の大型連休を利用し、多くの中国人観光客が日本を訪れている。3年ほど前までは「大都市」での「爆買い」が定番だったが、行き先は地方へ、目的は「体験」へとシフト。受け入れる側も観光戦略の転換が迫られている。【一宮俊介、竹地広憲、大久保渉】

 「青森ねぶた祭」の大型ねぶたなどを展示するJR青森駅前の観光施設「ねぶたの家ワ・ラッセ」(青森市)が、中国人観光客でわいている。19日には午前中から数十人の団体客がバスで訪れ、ねぶたばやしを体験。見よう見まねで太鼓や手振りがねを鳴らし、楽しそうにスマートフォンで記念撮影していた。

 「東京や大阪は中国の沿岸部の都市に似ている。違う環境を求めて地方に行くんです」。9歳の息子と訪れた…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです