メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

本格衝突の恐れ トルコ軍、アサド派民兵に砲撃か

 【カイロ篠田航一】AP通信などは20日、トルコ軍によるシリア北西部アフリンのクルド人勢力への越境攻撃に対抗するため、シリアのアサド政権派の民兵部隊がアフリンに進軍したと伝えた。この部隊にトルコ軍が砲撃を加えたとの報道もあり、トルコ軍とアサド政権側部隊による本格的な衝突の懸念が高まっている。シリア内戦でアサド政権はクルド人勢力と度々衝突してきた経緯があるが、トルコからの攻撃についてはクルド側と「共闘」し対抗する構えだ。

 トルコ軍は1月20日、国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)と連携しているとして、アフリンを支配するクルド人民兵組織・人民防衛隊(YPG)への攻撃を開始。現在も交戦が続いている。これに対し、アサド政権はシリア領内への攻撃を「侵略行為」として非難してきた。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです