メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱マテリアル

三菱電線データ不正 「品質管理におごり」 調査委が報告

 三菱マテリアルは20日、子会社の三菱電線工業が自動車や航空機向けに出荷した素材製品の検査データを書き換えていた問題で、弁護士らによる特別調査委員会の報告書を発表した。報告書は不正の原因について、生産を管理する技術開発部が「自分たちは製品の機能や安全性に及ぼす影響について、顧客の判断を得るまでもなく、判断することができる」とする「品質管理に関する驕(おご)りがあった」と断定した。

 報告書は、製品の品質チェックを行う品質保証部門も「過去に顧客からクレーム等が生じていないため問題な…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです