メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省

過疎路線貸し出し 観光列車に活用 JR北海道を支援

 国土交通省は20日、経営難のJR北海道が保有する線路を国内外の鉄道事業者に貸し出し、観光列車を走らせることを検討すると発表した。道内の過疎路線を観光資源として活用し、線路使用料収入でJR北の経営を支援する狙い。事業者は公募する方針で、来年度中にも必要な制度を整備する。

 政府の観光戦略推進に向けた会議で、国交省が明らかにした。JR北も前向きに検討しているという。

 北海道には世界遺産の知床など外国人旅行客にも人気の観光スポットが多いが、経営難のJR北は独力で観光…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文460文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです