メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省

過疎路線貸し出し 観光列車に活用 JR北海道を支援

 国土交通省は20日、経営難のJR北海道が保有する線路を国内外の鉄道事業者に貸し出し、観光列車を走らせることを検討すると発表した。道内の過疎路線を観光資源として活用し、線路使用料収入でJR北の経営を支援する狙い。事業者は公募する方針で、来年度中にも必要な制度を整備する。

 政府の観光戦略推進に向けた会議で、国交省が明らかにした。JR北も前向きに検討しているという。

 北海道には世界遺産の知床など外国人旅行客にも人気の観光スポットが多いが、経営難のJR北は独力で観光…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです