メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

小さな町の大きな挑戦=農業ジャーナリスト・青山浩子

 農家の高齢化という大きな課題に立ち向かう自治体がある。宮崎県綾町だ。2016年7月に法人設立した綾町農業支援センターは、農家だけでは手に余る仕事を引き受けるという「お助けマン部隊」だ。同町とJA綾町が出資し、20人弱の職員が生産・販売の両面で支援している。農家が必要とする仕事を包括的に引き受ける組織は全国でも珍しい。

 卸売市場では規格外と見なされる野菜を買い取り、県内のホテルなどに納めることも業務のひとつ。形が不ぞろいだったり、サイズが大きすぎたりするが味に問題はない。市場では安値しかつかない野菜に農家自ら値付けでき、所得向上につながる。新鮮でおいしい食材が手に入ると、ホテルからの評判も上々だという。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです