メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

赤根智子さん=国際刑事裁判所裁判官になる最高検検事

赤根智子さん

 日本の法曹界から初めて国際刑事裁判所(ICC)の裁判官になり、3月にオランダ・ハーグに着任する。ICCは戦争犯罪や人道に対する罪を犯した個人を国際法に基づき訴追・処罰する裁判所。昨年12月にニューヨークであった裁判官選挙(18人中6人改選)で12カ国が候補者を擁立したが、トップ当選。30年超の検事経験が評価された。

 20年近くたっても忘れられない裁判がある。札幌地検公判部長として指揮した時効寸前の殺人事件。今ほど一般的でなかったDNA型鑑定を駆使して公判に臨んだが、結果は無罪。無念さは今も残るが、被害者の親族からねぎらいの言葉をもらい、真相究明への努力を重ねる大切さを痛感した。「刑事司法には限界があるが、力を尽くさなければ」と胸に刻んだ。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「情熱がある限り戦える」 キング・カズ、守勢の中チャンス演出 最年長記録更新

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです