メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間

父と知人から幼い頃に被害に遭った40代の女性。今も生きづらさを抱え「生きたいと思ったことがないんです」と語る=東京都中央区で、上東麻子撮影

 ドメスティックバイオレンス(DV)がある家庭で育つ子どもは、性的虐待を受ける割合が高い。子どもの性暴力被害は闇の中に埋もれ、救われない子どもは多い。 

 ●DV家庭で多発

 東京都内に住む40代の公務員、鈴木みきさん(仮名)は3歳の頃から父と近所の「お兄さん」から被害に遭った。風呂で父は「女の性器は汚いから男が洗うんだ」と股を広げ、指で性器をいじり観察した。「汚れていたらどうしよう」「また殴られるかも……」。みきさんにとって風呂は恐怖の時間だった。

 家族ぐるみの付き合いがあった「お兄さん」には時々遊びに連れ出され、わいせつな行為をされた。「お兄さ…

この記事は有料記事です。

残り2305文字(全文2580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 消防団員 無活動1548人、報償7900万円 県都で
  4. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  5. 岡山市 「幽霊消防団員」に1460万円 348人、活動実態なし 15~16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです