メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 想定外のパーム油発電拡大 北海道大名誉教授(植物栄養学)・大崎満さん

 国連の気候変動枠組み条約は、生態・環境からのCO2放出抑制にも力を入れている。特に熱帯泥炭地などは膨大な炭素を蓄えているため「高密度炭素生態系」と呼び、研究と保全に全力を注いでいる。泥炭地の特徴は、水で満たされ、極めて栄養が少ないことだ。このため、酸素から遮断されるなどして微生物が有機物を分解しに…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです