メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックウオッチング

『珈琲が呼ぶ』 片岡義男さん

「電車の連なりを段階的に見せた写真ができたのは良かった」と片岡義男さん=八木正撮影

 (光文社・1944円)

コーヒー媒介に45編の物語

 片岡義男さんの新刊「珈琲(コーヒー)が呼ぶ」が発売された。カラー写真がぜいたくに盛り込まれた、コーヒーが主役の書き下ろし。350ページにわたり45編のエッセーが収められている。締め切りはなく、分量も自由だったという。「楽しかった。ぽんぽんと書きました」【井上志津】

 始まりは「コーヒーで一冊つくりましょう」という担当編集者からの依頼だった。「最初はあまり乗り気では…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1066文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです