メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/6止 浦和 攻守のバランス意識

名古屋との練習試合で相手と競り合う浦和のマルティノス(左)=大島祥平撮影

 リーグ戦の不振による7月の監督交代と、日本勢で9年ぶりとなる11月のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇。浦和は昨シーズン、地獄と天国を味わった。

 ペトロビッチ監督から指揮を引き継いだ堀監督が取り組んだのは守備の立て直し。それは数字にはっきりと表れている。点を取れば取られもする攻撃型のチームが、監督交代後のリーグ戦14試合は得点19に対し失点18と、守備で勝ちきるチームへと様変わりした。

 2006年以来遠ざかっているリーグ戦のタイトル獲得のためには今一度、攻を作り直すことで、守に傾いた…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです