東日本大震災

福島第1原発事故 102歳自殺、東電に賠償命令 「耐え難い負担」 地裁判決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大久保文雄さんの遺影を手に「じいちゃんにやっといい報告ができる」と話す、原告の美江子さん(右)=福島市杉妻町の福島県庁で2018年2月20日、岸慶太撮影
大久保文雄さんの遺影を手に「じいちゃんにやっといい報告ができる」と話す、原告の美江子さん(右)=福島市杉妻町の福島県庁で2018年2月20日、岸慶太撮影

 東京電力福島第1原発事故による強制避難を前に自殺した福島県飯舘村の大久保文雄さん(当時102歳)の遺族が東電に計6050万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁(金沢秀樹裁判長)は20日、「原発事故による耐え難い精神的負担が自殺の決断に大きく影響を及ぼした」と原発事故と自殺の因果関係を認め、東電に計1520万円を支払うよう命じた。原告弁護団によると、原発事故の避難住民の自殺を巡る訴訟で東電の賠償責任を認めたのは3例目。

 判決によると、大久保さんは飯舘村で生まれ育ち、事故前は日課の散歩や、縁側で友人との茶飲み話を楽しんでいた。だが、事故から1カ月後の2011年4月11日、原発の北西約30~50キロにある飯舘村が避難指示区域に指定されたことをテレビで知り、翌12日朝に自室で首をつって亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

ニュース特集