メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ドーピング、スロベニア選手が陽性 露からの選手「予備」も検出

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、平昌冬季五輪でスロベニア男子アイスホッケー代表のジガ・イエグリッチ(29)がドーピング検査で陽性反応を示し、暫定の資格停止処分を科したと発表した。

 CASによると、気管支拡張作用のある「フェノテロール」が検出された。イエグリッチは処分を受け入れ、残り…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです