平昌五輪2018

ドーピング、スロベニア選手が陽性 露からの選手「予備」も検出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、平昌冬季五輪でスロベニア男子アイスホッケー代表のジガ・イエグリッチ(29)がドーピング検査で陽性反応を示し、暫定の資格停止処分を科したと発表した。

 CASによると、気管支拡張作用のある「フェノテロール」が検出された。イエグリッチは処分を受け入れ、残り…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

注目の特集