裁量労働制

施行延期検討 1年後の20年4月に 厚労省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は、働き方改革関連法案に盛り込む裁量労働制の対象拡大について、施行時期を現行の予定から1年遅らせて2020年4月とする修正案の検討に入った。高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の創設も、1年遅らせることを想定している。裁量労働制を巡るデータ問題が影響したとみられるが、与党内には慎重論もあることから、情勢はなお流動的だ。

 修正案では、年次有給休暇の取得促進や、退社から出勤までに一定時間を設ける「勤務間インターバル」の努力義務化なども1年遅らせることを検討している。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文688文字)

あわせて読みたい

注目の特集