メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

飛鳥(福岡市) 古賀匡郁社長 地域密着の葬儀社に

「故人との最後の別れの儀式を心を込めてお手伝いしたい」と話す飛鳥の古賀匡郁社長

古賀匡郁社長(42)

 斎場「飛鳥会館」5カ所を運営している飛鳥(福岡市南区)。古賀匡郁(ただふみ)社長(42)が約30人の従業員とともに重視するのは「故人の尊厳を大切に、残された家族に寄り添う」姿勢だ。

 1982年に設立した。古賀社長は創業者の父託(たかし)会長から請われ、28歳で自動車ディーラーの営業担当から転身した。

 車が好きで仕事にやりがいを感じていただけに葛藤はあったが、経験は生きた。依頼者に分かりやすいように…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです