メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金子兜太さん死去

自由愛した荒凡夫 反戦、故郷詠み続け

2017年8月に毎日新聞のインタビューに応じた金子兜太さんは、笑顔を見せながら昔の話を語った=埼玉県熊谷市の自宅で2017年8月9日、森有正撮影

 戦後俳壇のトップランナーとして70年以上、走り続けてきた前衛俳句の巨人、金子兜太さんが白寿を前に「他界」へと旅立った。「造型俳句」を掲げて俳壇に激しい論争を起こしつつ、かいぎゃくを利かせた言葉の端々に深く温かな人柄をのぞかせる。子供たちを愛し、俳句の裾野を大きく広げた、比類ないスケールを持つ「現代の荒凡夫(あらぼんぷ)」だった。【井上卓弥】

 金子さんには大きな原点がある。戦時中、海軍主計中尉として日本銀行勤務を中断して派遣されたミクロネシア・トラック島での悲惨な体験から拭いがたい影響を受けた。終戦後、餓死者が相次ぐ捕虜生活の心のよりどころとして軍人・軍属を集めた句会を催し、生き残った者で力尽きた仲間の死を弔う質素な墓碑を用意した。

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 見る探る 在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです