公明・山口代表

「救済必要」 強制不妊手術問題で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公明党の山口代表=宮間俊樹撮影
公明党の山口代表=宮間俊樹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者への強制的な不妊手術が繰り返されていた問題で、公明党の山口那津男代表は20日の記者会見で「何らかの救済のあり方を考える必要があると政治的に思う」と述べ、政治的解決を模索する考えを示した。この問題では、実態調査や議員立法での救済を目指す超党派の議員連盟作りな…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

ニュース特集