メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
退位儀式

憲法整合性に配慮 「陛下お言葉」首相の後

退位の儀式の配置図

 政府が20日に概要を決定した天皇陛下の退位の儀式は、国民主権と象徴天皇制を定める憲法との整合性に配慮した。過去の例では不可欠だった、天皇が皇位を譲る意思を示す「宣命(せんみょう)」の扱いが論点の一つだったが、首相が退位特例法に基づいて陛下が退位されると表明する案で落ち着いた。

 政府は20日の式典準備会合で、有識者4人から個別に非公開で意見聴取した結果を報告した。「国民主権原則に沿い、象徴にふさわしい在り方が求められる」(園部逸夫・元最高裁判事)、「伝統的な儀式を参考にしながら、戦後憲法に適合した在り方が必要」(所功・京都産業大名誉教授)など、全員が憲法の趣旨に沿いつつ伝統を尊重するよう求めた。

 政府が示した退位の儀式についての「考え方案」では、国民の代表としての首相が、国会が制定した特例法の…

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです