メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

EV向け新型磁石開発 高額レアアース半減

[PR]

 トヨタ自動車は20日、電気自動車(EV)の駆動用モーターなどに使われる新型磁石を開発したと発表した。高額のレアアース(希土類)「ネオジム」の使用量を最大50%減らす一方、従来の磁力や耐熱性を維持したのが特徴で、世界初という。今後10年以内に駆動用での実用化を目指す。家電などにも用途が広がるネオジム磁石は、今後価格高騰の可能性もあり、新型磁石で電動車の普及に向けた環境整備を進める。

 現在トヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」の最新型のモーター用磁石には、ネオジムが約3割使われている。新型では、ネオジムを安価なレアアース「ランタン」「セリウム」で代替しても、磁力の強さなどを維持できるよう開発。用途に応じてネオジムの使用量を20~50%減らせるようにした。

 トヨタは今後、低コスト化などを進め、磁石メーカーに製造を依頼する考えで、駆動用より出力が小さいパワーステアリング向けは、2020年代前半の実用化を目指す。トヨタは30年をめどに、EVなど電動車の販売台数を全体の半数とする目標を掲げており、部品などに使われる希少金属の有効利用が課題となっている。【小倉祥徳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです