メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

株主総会

スマホで議決権行使 みずほ信託と三井住友信託

スマートフォンで二次元コードを読み取ることで簡単に議決権行使ができる新サービス「スマート行使」=みずほ信託銀行提供

 みずほ信託銀行と三井住友信託銀行は20日、スマートフォンで二次元コードを読み取ることで、手軽に株主総会の議決権行使ができるサービスを上場会社向けに提供すると発表した。二次元コードを用いたサービスは国内初で、今年6月開催の株主総会から提供する。

 上場会社の個人株主数は増加傾向にあり約4700万人に上る。だが、手続きの手間などがネックで議決権行使の割合は3割弱で、主要な機関投資家である金融機関が8割を超えているのに比べ低い。利便性を高めることで、議決権行使率向上を期待できるとしている。

 議決権行使は書面に賛否を記入し郵送するほか、パソコンやスマホの専用サイトで入力するのが一般的。だが、専用サイトはパスワードなどの入力が必要で、利用に広がりが見られなかった。

 新サービスは議決権行使書に記載された二次元コードをスマホで読み取ると、賛否の入力画面がすぐ開く。株主向け割引クーポンの発行機能などもつける。2行が業務を受託する上場企業は約2100社で、全上場企業の約6割を占める。【横山三加子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです