メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国連事務次長

イエメン支援訴え「深刻な人道危機」

インタビューに応じるマーク・ローコック国連事務次長=東京都内で2018年2月20日、高木香奈撮影

 来日中のマーク・ローコック国連事務次長(人道問題担当)が20日、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。内戦が続き、感染症も拡大しているイエメンについて、人口約2700万人のうち2200万人以上が食料や医療の支援を必要としており、「世界で最も深刻な人道危機に直面しており、国際社会の支援が必要だ」と訴えた。

 ハディ暫定政権とイスラム教シーア派系武装組織フーシの争いが続くイエメンでは、暫定政権を支持するサウ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文488文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです