シリア

本格衝突の恐れ トルコ軍、アサド派民兵に砲撃か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】AP通信などは20日、トルコ軍によるシリア北西部アフリンのクルド人勢力への越境攻撃に対抗するため、シリアのアサド政権派の民兵部隊がアフリンに進軍したと伝えた。この部隊がトルコ軍の砲撃を受け撤退したとの報道もあるが、トルコ軍とアサド政権側部隊による本格的な衝突の懸念が高まっている。シリア内戦でアサド政権はクルド人勢力と度々衝突してきた経緯があるが、トルコからの攻撃についてはクルド側と「共闘」し対抗する構えだ。

 トルコ軍は1月20日、国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)と連携しているとして、アフリンを支配するクルド人民兵組織・人民防衛隊(YPG)への攻撃を開始。現在も交戦が続いている。これに対し、アサド政権はシリア領内への攻撃を「侵略行為」として非難してきた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文586文字)

あわせて読みたい

注目の特集