メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

被害者や引退女優ら対象の作品削除窓口を開設

AVの作品を削除できる仕組みについて話すAV人権倫理機構のメンバー=東京都新宿区で中嶋真希撮影

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられる被害が相次いでいることを受け、第三者機関「AV人権倫理機構」が20日、東京都内で会見を開き、作品の削除申請を受け付ける窓口を開設したと発表した。強要被害を訴える女性や、引退した元女優が対象。これまでは窓口がなく、弁護士を通じて削除を求めるしかなかったが、書類を送って手続きを取れば作品が削除されることになった。同機構は「作品を消してほしくて苦労してきた人が楽になるなら、一歩前進したと言えるのでは」と訴えた。【中嶋真希】

 同機構は、AV業界の要請を受けて「AV業界改革推進有識者委員会」として2017年4月に設立。出演強…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1186文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/下 臨時応援団、総勢100人 /茨城
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです