メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王将戦

久保が豊島破り、防衛へ王手 第4局

王将戦七番勝負第4局を制して3勝1敗とし、防衛へ王手をかけた久保利明王将=兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで2018年2月20日午後7時35分、丸山進撮影

 兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで19日から行われた第67期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎王将戦実行委員会ほか共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は20日午後7時12分、久保利明王将(42)が挑戦者の豊島将之八段(27)に130手で勝ち、対戦成績を3勝1敗とした。残り時間は豊島2分、久保2分。第5局は3月6、7日、島根県大田市のさんべ荘で行われる。

 途中で形勢に差がつくことが多かった今期の七番勝負だが、第4局は最後まで勝敗のメドがつかない大熱戦に…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです