米軍機タンク投棄

漁船まで200m 漁すべて中止 青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
燃料タンクを投棄した米軍F16戦闘機の同型機=米空軍のホームページから
燃料タンクを投棄した米軍F16戦闘機の同型機=米空軍のホームページから

 20日午前8時40分ごろ、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機のエンジンが離陸直後に出火した。同機は基地北西側の小川原湖に補助燃料タンク2個を投棄し、約3分後に基地に引き返して着陸した。タンクの投棄地点の周辺では漁船がシジミ漁をしており、小川原湖漁協によると、最も近い漁船は約200メートルしか離れていなかった。操縦士も含めてけが人はなかった。

 同漁協は同日、米軍がタンクや油を回収して安全が確認されるまで、湖でのすべての漁を中止すると決めた。三村申吾県知事は「漁師が近くにいたことは重大。シジミ漁は大事な産業で、被害が出たことは遺憾だ」とコメント。防衛省東北防衛局も三沢基地司令官に安全管理の徹底や再発防止を求める申し入れを行った。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1472文字)

あわせて読みたい

注目の特集