ももクロ

公演を前に東近江を視察 神社で成功祈願も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーで「ピンク」佐々木彩夏さん(21)と「紫」高城れにさん(24)が20日、滋賀県東近江市の太郎坊・阿賀神社(太郎坊宮)や五個荘近江商人屋敷などを訪れた。4月21、22日に布引運動公園陸上競技場(同市芝原町)で開くイベント「ももクロ 春の一大事2018」の現地視察とPRで、太郎坊宮では公演成功を祈願。佐々木さんは「東近江に来るのは初めてだが、歴史や文化、自然に満ちた街だと分かった。『モノノフ』(ファン)と共にライブを盛り上げ、招いて頂いた市民の皆さんに感謝の気持ちを伝えたい」と語った。

 イベントは「笑顔のチカラ つなげるオモイ」をキャッチフレーズに年1回のペースで企画する地方への出張公演。昨年、埼玉県富士見市で初開催し、2日間で約4万2000人が押し寄せる盛況だった。市の知名度アップを図る東近江市は昨年5月に第2回開催地への名乗りを上げて誘致活動を展開。昨年末にその座を射止めた。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文862文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集