メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

報道官同行は「お目付け役」? イバンカ氏、五輪閉会式へ

 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは21日、今月25日の平昌(ピョンチャン)冬季五輪閉会式にトランプ大統領の長女、イバンカ補佐官をトップとする政府代表団を派遣すると発表した。「米国選手団を祝福し、強固な米韓同盟を確認する」ことを目的とし、北朝鮮代表団との接触は予定していないという。

 代表団にはサンダース大統領報道官も加わる。政権の対外発信を取り仕切る報道官が、大統領から離れて海外出張するのは異例で、その意図を巡って米国では「イバンカ氏のお目付け役か」などの臆測を呼…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです