メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

今ありて=近藤勝重

 阿久悠氏はなかにし礼氏とともに目下ブームの昭和歌謡を先導した作詞家だ。2007年8月に70歳の生涯を閉じたが、没後10年の昨年は阿久氏をしのんで数多くの歌番組が放送された。

 なかにし氏が「文学の末裔(まつえい)」と自らを語っていたのに対し、阿久氏は作詞作品を「商品」と考え、ポピュラリティーのある世界を好んだ。その一つが高校野球である。

 春のセンバツでは記念大会にあたる1993年の第65回大会で阿久氏が作詞を、谷村新司氏が作曲を手がけた「今ありて」が新大会歌に採用され、入場行進曲にもなった。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです