メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村雀右衛門 舞い、踊り、演じ切りたい 父の追善で「男女道成寺」の白拍子花子役

=丸山博撮影

 昭和歌舞伎を代表する女形のひとりであった父、四世雀右衛門が没したのは2012年2月。「あっという間でした。時というのは短いものだなと改めて感じている次第です」。その名の五代目を一昨年に継いだ。

 東京・歌舞伎座の「二月大歌舞伎」の「井伊大老」で、大老井伊直弼の側室お静の方をつとめた。中村吉右衛門演じる直弼と過ごした歳月の重みがにじみ、愛らしさもあり、女形としての充実ぶりを感じさせられた。

 「父は芸に対しては非常に厳しかった。ここも、あそこも怒られた、と今はそれをありがたく思い出します」

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです