メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

「夜、ナク、鳥」 女の人生、まざまざ=評・濱田元子

 2002年に発覚した福岡の看護師4人による保険金連続殺人事件を題材に、大竹野正典が大阪を舞台に再構築。人間なんてこんなもんと言わんばかり、俯瞰(ふかん)した視線の先にうごめく女たちの生を、瀬戸山美咲が切れ味よく演出する。オフィスコットーネプロデュース。

 看護師のヨシダ(松永玲子)は巧みに策を弄(ろう)し、同じ病院で働くイシイ(高橋由美子)、イケガミ(安藤玉恵)、ツツミ(松本紀保)を支配。保険金をかけたパートナーの男たちを次々と手にかける。そんななか、イシイは莫大(ばくだい)な借金を背負ったとして夫ゴウ(成清正…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです