メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清元延寿太夫

襲名30周年で「延寿會」 26日・歌舞伎座

左から清元昂洋、清元延寿太夫、尾上右近

 清元宗家の七代目清元延寿太夫の襲名三十周年記念、六代目延寿太夫三十三回忌追善の「延寿會」が26日に東京・歌舞伎座で催される。延寿太夫の次男で歌舞伎俳優の尾上右近が七代目清元栄寿太夫を襲名し、長男の清元三味線方、清元昂洋が初代清元斎寿と名を改める。

 1部が午前10時半。襲名披露は「助六」(栄寿太夫、斎寿)。ほかに舞踊「四季三葉草」(尾上松緑、中村壱太郎、尾上右近)▽素踊り「青海波」(市川猿之助)など。

 2部が午後7時。素踊り「吉原雀」(中村勘九郎、中村七之助)▽「口上」▽舞踊「お祭り」(尾上菊之助)▽舞踊「保名」(片岡仁左衛門)▽三十周年記念演奏「喜撰」(延寿太夫)。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです