メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピードスケート 女子団体追い抜き 金の方程式、ピタリ 決勝の「切り札」佐藤、つないだ菊池

女子団体追い抜きで優勝し、笑顔でリンクを回る(左から)菊池、佐藤、高木菜、高木美=山崎一輝撮影

 スピードスケートの女子団体追い抜きで、日本が初の金メダルを獲得した。準決勝は高木美帆(日体大助手)、菊池彩花(富士急)、高木菜那(日本電産サンキョー)で臨みカナダに快勝。決勝では菊池に代えて佐藤綾乃(高崎健康福祉大)を起用し、個人種目のメダリスト3人で構成したオランダと対戦。2分53秒89の五輪新記録で逆転勝ちした。

 決勝しかない一発勝負の個人種目に対し、団体追い抜きは勝ち抜き制。今回の女子は19日の1回戦、21日の決勝2時間前の準決勝を勝ち抜かなければならなかった。日本のナショナルチームのデビット・コーチは「そこが難しいところだった。決勝に残るため、いいレースを二つすることに集中した」と語る。主軸になる高木菜那、美帆の姉妹は固定するが、2番手を担う佐藤、菊池の入れ替えが鍵を握った。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです