メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

アルペン 男子回転 湯浅、不本意36位 1回目

アルペン男子回転、湯浅の1回目=宮間俊樹撮影

 上位を狙った1回目の滑走。だが、湯浅は本調子から程遠かった。トップから5秒17も遅れる結果に「こんな滑りをしたことがない」と悔しさを漂わせた。

 スタート直後からスピードに乗れない。修正しようと試みるが、焦りからバランスを崩す。攻めることを何よりも心掛ける湯浅の姿ではなかった。

 昨年12月に古傷の左膝の検査で骨挫傷と判明。1月には遊離軟骨を取り除く手術も受…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 外為 東京=10時 1ドル=106円86~87銭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです