メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スノーボード 女子ビッグエア 岩渕、彗星のごとく 日本女子最年少16歳

スノーボード女子ビッグエア決勝1回目後に笑顔を見せる岩渕麗楽=アルペンシア・ジャンプセンターで22日、山崎一輝撮影

 【福島祥、平昌・神足俊輔】まだあどけない顔つきをした身長149センチの高校1年生が、平昌の青空を背に躍動した。平昌冬季五輪は22日、スノーボード女子ビッグエアに岩渕麗楽(れいら)(16)=キララクエストク=が出場、日本人最高の4位に入賞した。彗星(すいせい)のように現れた日本選手団の女子最年少選手は、大きなジャンプを見せながらもあと一歩でメダルを逃し、「今の自分の実力だと思う」と唇をかんだ。

 4歳の時、父和宏さん(43)と母恵里香さん(44)の趣味のスノーボードに興味を持った。スキー場のゲレンデにあるジャンプ台に向かい、ボードを滑らせるのが楽しかった。

 「オリンピック」という言葉は小さい頃から頭の中にあった。保育園の卒園式でも、将来の夢を「オリンピック」と話した。和宏さんが、スキー場でたまたま受けたテレビのインタビューで「子供の夢はオリンピック」と答えるのを、おぼろげながら覚えていた。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです