メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・有馬温泉事故

意識不明の男性職員が死亡 太閤の湯殿館

死亡した男性職員が倒れた「太閤の湯殿館」(右奥)。左は極楽寺=神戸市北区有馬町で2018年2月22日午前9時半、元田禎撮影

 神戸市北区有馬町の資料館「神戸市立太閤の湯殿館」で21日夜、男性1人が救急搬送された事故で、兵庫県警有馬署は22日、意識不明になっていた同市垂水区東垂水町、同館職員、新田和久さん(48)が死亡した、と発表した。現場では酸素濃度が低下していたといい、同署が死因などを調べている。

 資料館は市などで作る一般財団法人「神戸観光局」が運…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです