神戸・有馬温泉事故

意識不明の男性職員が死亡 太閤の湯殿館

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
死亡した男性職員が倒れた「太閤の湯殿館」(右奥)。左は極楽寺=神戸市北区有馬町で2018年2月22日午前9時半、元田禎撮影
死亡した男性職員が倒れた「太閤の湯殿館」(右奥)。左は極楽寺=神戸市北区有馬町で2018年2月22日午前9時半、元田禎撮影

 神戸市北区有馬町の資料館「神戸市立太閤の湯殿館」で21日夜、男性1人が救急搬送された事故で、兵庫県警有馬署は22日、意識不明になっていた同市垂水区東垂水町、同館職員、新田和久さん(48)が死亡した、と発表した。現場では酸素濃度が低下していたといい、同署が死因などを調べている。

 資料館は市などで作る一般財団法人「神戸観光局」が運…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

注目の特集