メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

立谷秀清・相馬市長 経営力で復興に格差 直売センターで風評克服 /福島

松川浦では7年ぶりに青ノリの出荷が再開された=相馬市の松川浦漁港で5日

 --国が復興に巨額の予算を投入する「復興期間」があと3年で終わる。

 命と生活を立て直すという局面は過ぎた。今は失ったものを克服しつつ、震災前よりいい地域をつくる段階にある。30年以上先を見据えた地方創生に復興をつなげなければならない。自治体は、これまで以上に「経営する」という発想が必要だ。被災地でもそれを実践してきた市町村と、国や県の下請け意識からいまだに抜け出せない市町村がある。復興の格差はますます顕在化するだろう。

 --相馬の海産物や農産品を販売する「直売センター」を設ける方針だ。

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです