メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿嶋市

歴史資料館建設、白紙に 市長「十分な合意形成必要」 /茨城

 鹿嶋市の錦織孝一市長(71)が21日、市が検討している「歴史資料館(仮称)」の建設計画をいったん白紙にすると表明した。

 同日あった市議会の一般質問で、錦織市長は「多くの市民からの建設請願もあり、議会でも全会一致で採択された。しかし、イメージが共有化されておらず、十分な合意形成が必要だと判断して白紙にする決断をした」と答えた。

 一方、市議会に提出された2018年度当初予算案には、再開発計画策定や立ち退き家屋補償の調査委託料な…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです