メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鴨川シーワールド

「幻のサメ」いざ解剖!! 24日 /千葉

 昨年5月、館山市洲崎沖で定置網にかかり、死んだ後に鴨川市内で冷凍保存されていた巨大ザメ「メガマウスザメ」が24日、同市の水族館「鴨川シーワールド」で解剖される。サメ研究の第一人者で「さめ先生」として知られる仲谷一宏・北海道大学名誉教授が手がける。生態など不明な点が多く「幻のサメ」とも言われており、どのような謎が解き明かされるか注目される。

 丸い頭と大きな口が特徴で、同館によると、捕獲例は世界で111例、国内で22例しかない。館山沖で見つ…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです