メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ難民

バングラデシュ医療活動報告 「慣習の壁」難しく 日赤県支部・古島救護係長 /神奈川

参加者らに現地の報告をする古島さん=横浜市中区で

受診2割乳幼児 必要な限り助けたい

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」ら約68万人が隣国のバングラデシュへ避難している問題で、現地で医療活動を支えた日本赤十字社県支部(横浜市中区)の古島崇裕救護係長(37)が20日、同支部で約1カ月半にわたる派遣活動を報告した。【国本愛】

 ミャンマーは昨年8月、西部ラカイン州に住むロヒンギャ武装勢力とミャンマー治安部隊との戦闘が激化。約68万人以上のロヒンギャ難民がバングラデシュへ逃れている。

 古島さんは、日本赤十字社で過去最大となる救援医療チーム約30人の一員として、昨年11月24日から1…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  3. ORICON NEWS 西島秀俊主演『空母いぶき』 映画オリジナルキャラに本田翼、中井貴一ら10人
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. F35戦闘機とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです