メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ難民

バングラデシュ医療活動報告 「慣習の壁」難しく 日赤県支部・古島救護係長 /神奈川

参加者らに現地の報告をする古島さん=横浜市中区で

受診2割乳幼児 必要な限り助けたい

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」ら約68万人が隣国のバングラデシュへ避難している問題で、現地で医療活動を支えた日本赤十字社県支部(横浜市中区)の古島崇裕救護係長(37)が20日、同支部で約1カ月半にわたる派遣活動を報告した。【国本愛】

 ミャンマーは昨年8月、西部ラカイン州に住むロヒンギャ武装勢力とミャンマー治安部隊との戦闘が激化。約68万人以上のロヒンギャ難民がバングラデシュへ逃れている。

 古島さんは、日本赤十字社で過去最大となる救援医療チーム約30人の一員として、昨年11月24日から1…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文820文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]