特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

現場から

震災と神港学園野球部/上 ボランティアで培った謙虚さ /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
阪神大震災から23年の日を翌日に控え、雪地蔵作りのボランティアをする神港学園野球部の選手たちと、北原光広監督(手前左)、長男の直也部長(中央)=神戸市中央区の東遊園地で2018年1月16日、猪飼健史撮影
阪神大震災から23年の日を翌日に控え、雪地蔵作りのボランティアをする神港学園野球部の選手たちと、北原光広監督(手前左)、長男の直也部長(中央)=神戸市中央区の東遊園地で2018年1月16日、猪飼健史撮影

 阪神大震災が起きた1995年のセンバツに出場し、県勢で唯一8強に進出した神港学園(神戸市中央区)の北原光広監督(64)が今年3月末で引退し、36年間の指導者人生に幕を閉じる。震災後、「野球以外でも汗をかいてほしい。我々大人が子どもの背を押さなければいけない」との思いから積極的にボランティアに関わってきた。被災地神戸で高校野球を続けてきた意義は、後進へと引き継がれる。

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1126文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る