メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 「シンシア」台座、角丸く JR宝塚駅コンコース /兵庫

丸みを帯びた台座になったシンシアの銅像=兵庫県宝塚市のJR宝塚駅改札前コンコースで、高尾具成撮影

安全配慮、リニューアル「これまで以上に親しんで」

 JR宝塚駅改札前コンコースにある介助犬「シンシア」の銅像の台座が今月、丸みを持たせたものにリニューアルされた。市民の待ち合わせ場所などとして親しまれているコンコースで転倒し、台座の角張った部分で負傷者が出ることのないよう安全に配慮した。

 シンシア(ラブラドルレトリバー・雌)は日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん(57)=宝塚市在住=の最初の介助犬で、飲食店や公共機関に補助犬(介助犬、盲導犬、聴導犬)の同伴受け入れを義務づける身体障害者補助犬法成立(2002年)に向…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]