メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

鳥取大地域調査実習 八頭で現地報告会 町の現状と課題など発表 /鳥取

 鳥取大地域学部では2年生の必修授業の一環で、年間を通じて地域調査実習をする。2017年度からは八頭町をフィールドにしている。同町で10日、初の現地報告会が開かれた。参加した学生がリポートする。(鳥取大・井上篤樹)

 現地報告会では、ふるさと納税の活用▽農場の事例研究▽住民自治など、さまざまな角度から町の現状と政策課題を検討。人形芝居や地区の運動会など、文化的な視点からも発表した。

 私は「隼」というバイク愛好者のイベント「隼駅まつり」について調べた結果を、ポスターにまとめて発表し…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1065文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです