メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今治タオル

長~く愛して イケウチ・オーガニック、10年保証へ「ドクター」定期ケア サービス第1号はFC今治 /愛媛

試合後、今治タオルを振って地元の声援に応えるFC今治の選手ら。2018年は「タオルメンテナンス」の取り組みにも参加する=愛媛県今治市で2017年9月10日、松倉展人撮影

 今治市のタオルメーカー「IKEUCHI ORGANIC(イケウチ・オーガニック)」は今春、「タオルの10年保証」を目指すメンテナンス・サービスを始める。洗濯や干し方に目配りし、購入後のメンテナンスをしっかりとすれば、高品質のタオルは10年間は長持ちできるという考えからだ。第1号として、この理念に共鳴するサッカーのFC今治にタオルを提供し、念入りに手入れする。【松倉展人】

 タオルは1年程度でぼろぼろにする人がいる一方、5年ほど使っても当初の品質を保つ人もいる。この違いについてI社に聞くと、柔軟剤や漂白剤の使い方を含む洗濯の仕方のほか、干し過ぎで硬くなるケースなど乾燥の方法も鍵になっているという。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです