特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/4 明徳義塾・藤森涼一選手/高知・山崎蓮選手 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の藤森涼一選手=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の藤森涼一選手=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

本塁打狙う俊足 明徳義塾・藤森涼一選手(2年)

 50メートル5・8秒とチーム1の俊足。公式戦でも盗塁を成功させるなど、足でチームを引っ張ってきた。

 スポーツ一家で育ち、自身は野球を選んだ。入寮の際に、家族や友人たちから贈られた寄せ書きが苦しい時の励みだ。「甲子園は地元・大阪に近い。みんなが見に来るので下手なまねはできない」と気を引き締める。

 今冬は打撃練習に注力してきた。「神宮大会の時とは違った動きをして、ただ足が速いだけじゃないぞ、と。本塁打を打ちたい」。支えてくれた家族の前での活躍を誓う。

 大阪市立八阪中出身。165センチ、55キロ。

「志」胸にプレー 高知・山崎蓮選手(2年)

高知の山崎蓮選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の山崎蓮選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影

 最大の武器は、「足」。俊足を生かして、「常に、積極的に、前の塁を狙う」を信条に、ガッツあるプレーでチームを盛り上げる。

 走塁への考え方が変わったのは、中学時代の恩師・浜口佳久高知中監督の指導だ。理論的な指導に野球自体の見方が変わり、ノートを作って研究を重ねた。「自分の武器が甲子園でどれだけ通用するか。盗塁を成功させたい」と意気込む。

 大切にするのは、先輩から教わった「志」という言葉。「今まで支えてもらった方への恩返しのプレーを」

 高知中出身。168センチ、60キロ。

次に読みたい

あわせて読みたい